着物処分方法|お得な性分方法は?

着物所運

七五三や成人式で着た着物、そして形見として残してもらった着物…。
どれも愛着がわくものですから、なかなか捨てられませんよね。
ただ、例えば収納スペースが狭くなったりなど、現実的に考えるといろいろ大変なこともあります。

 

成長したり年を重ねたりすれば、七五三や成人式の着物は着る機会が無くなります。
また形見の着物も、必ずしも自分のサイズや好みに一致するとは限らないでしょう。

 

着られることがないまま、タンスの中で眠り続ける着物…。
そんな着物を適切に処分するためには、どうすればいいのでしょうか?

 

そこで今回は、着物処分の方法についてご紹介します。


着物処分方法その1・着物買取専門店で買い取ってもらう

着物処分の方法で最もオススメなのが、着物買取専門店で買い取ってもらう…という方法です。
まさに文字通り「着物買取専門」なので、専門の査定士がきちんと着物の価値を見てくれます。
「これは価値がある!」と判断されれば、高値で買い取ってもらえますよ。

 

ちなみに、高額で引き取ってもらえる着物の特徴は以下の通りです。

 

・作家や産地が有名
・未使用
・素材が珍しい
・格式が高い(例えば付け下げ、訪問着など)
・現代人のサイズにピッタリ合っている

 

基本的には、このどれかに当てはまっていると、高額取引の可能性が高くなるようです!

着物処分方法その2・質屋に持っていく

着物専門ではないものの、質屋にも査定士が居り、ちゃんと目の前で鑑定してくれます。

 

目の前でしっかり見てもらい、そのうえで納得のいく金額を提示してもらう…
とても気持ちのいい、安心感のある取引ですよね。

 

また質屋は、期限内なら買い戻しも可能です。
そのため、一度売った後で万が一「やっぱり売るのは惜しい」となっても大丈夫!
もちろん先述の通り「期限内」という決まりはありますが、早い段階であれば買戻しができるというのは嬉しいですね。

着物処分方法その3・オークションに出品する

着物処分に困ったら、ネットオークションに出品してみるというのもひとつです。
オークションなら、パソコンやスマホを使って、いつでもどこでも簡単に取引できちゃいます。

 

落札者とのやりとりはもちろん、写真撮影・説明文の表記など、様々なことを全て自分で行う必要があります。
そのため中には「ちょっと面倒くさそう…」と感じる方もいるかもしれませんが、実際にやってみると案外スムーズにできるものです。
また、価格を自ら設定することができますから、お望み通りの値段で売ることも可能です。

 

着物に限らず、自分で出した品物が売れると、なんだか妙に嬉しくなるものです。
その喜びを感じる意味でも、オークションはオススメと言えます。

着物処分方法その4・リサイクルショップで売ってみる

「お店に持っていき売ってもらう」という意味では、買取専門店や質屋と共通しているリサイクルショップ。
しかしリサイクルショップの場合だと、専門の査定士が居ません。
そのため着物の価値を正確に判断してもらえず、結果買取金額が低くなる…なんてことも。

 

ただリサイクルショップは、買取専門店や質屋に比べて、わりと気軽に利用できると言えます。
また着物だけではなく、他の不用品もまとめて一緒に売り出せますからね!
着物の他にもいらないものがある、という方にピッタリの処分方法ではないでしょうか?

 

着物処分方法は他にもいろいろ

着物買取専門店、質屋、そしてオークションやリサイクルショップなど…。
着物処分の方法として、最も一般的な方法を4つご紹介しました。

 

しかし、他にも着物処分の方法は様々あります。

 

例えば「面倒なことを抜きにして手っ取り早く処分したい!」という場合は、思い切ってゴミに出すのもアリでしょう。
自治体の決まりに沿って回収日に出せば、簡単に引き取ってもらうことができます。
またリメイクすれば洋服や小物に変えられますし、身近に着物好きな方がいる場合なら譲ることもできますよね。

 

基本的な着物の処分方法は今回ご紹介した4つです。
が、ちょっと工夫したり視点を変えてみたりすることで、様々な処分方法が発見できますよ。

着物の種類によって適切な処分方法がある?

ひとくちに着物といっても、その種類は様々です。
そして着物の種類が変われば、やはり適切な処分方法も変わってきます。

 

まず婚礼衣装の着物ですが、これを着るのは一生に一回だけですよね。
そのため大切に保管しても、結局再び着る機会がないまま終わってしまいます。

 

こうした着物は、着物の他に帯や長襦袢も一緒に作ってもらうことが多いです。
となると一式揃っているわけですから、高値で引き取ってもらえる可能性が非常に高いです!
また七五三の着物も、着物以外の小物類を揃えたりしますよね。

 

婚礼衣装や七五三の着物を処分する際は、一式揃った状態で売りに出す、という方法が最も適しているでしょう。

 

そして紋付の着物は、買取先によっては紋が査定額に影響することもあるそうです。
ただ、紋は加工することも可能ですしね。着物そのものの質が良好であれば、良いお値段で買い取ってもらえる可能性は十分あります。
査定額に響くかどうかは置いておいて、まずは出してみると良いでしょう。

 

ちなみに喪服の着物は、近年段々と需要が減ってきていることから、リサイクルショップなどでは買い取ってもらえないケースもあるとか。
そのため喪服の着物の処分は、着物買取専門店におまかせするのが適切と言えそうですね。

更新履歴